コミュニティサイト構築(XOOPS Cube)

最終更新日: 2017.05.27

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<リンク集 <<サイト内検索 <<メルマガ <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

XOOPS Cubeを導入してYahooのようなユーザー登録型のWebサイトを構築する。

Webサーバー+PHPMySQLデータベースが構築済であること


■XOOPSホスト名設定

バーチャルホスト設定を参照して、XOOPSへホスト名xoops.centossrv.jpでアクセスできるように設定する。

(バーチャルホスト設定条件)
ホスト名 xoops.centossrv.jp
ドキュメントルート /var/www/html/xoops.centossrv.jp

■XOOPS Cube用データベース作成

(1)XOOPS Cube用データベース作成
XOOPS Cubeは各種データをMySQLデータベースに保存するため、XOOPS Cube用のデータベースをMySQLに作成する。
なお、例としてデータベース名をxoops、データベース接続ユーザー名をxoopsとする。
[root@centos ~]# mysql -u root -p ← MySQLへrootでログイン
Enter password:  ← MySQLのrootパスワード応答
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 21 to server version: 3.23.58

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database xoops; ← xoopsデータベース作成
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on xoops.* to xoops@localhost identified by 'パスワード'; ← xoopsデータベースへの全てのアクセス権限を持った、新規ユーザーxoopsを登録

Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> exit ← ログアウト
Bye

(2)php-mysqlインストール
XOOPS CubeはPHPで動作するため、PHPからMySQLデータベース(XOOPS Cube用データベース)へ接続するためのパッケージであるphp-mysqlをインストールする。
[root@centos ~]# yum -y install php-mysql ← php-mysqlインストール

■XOOPS Cubeインスト−ル

[root@centos ~]# cd /var/www/html/xoops.centossrv.jp/ ← XOOPSドキュメントルートへ移動

[root@centos xoops.centossrv.jp]# wget http://xoopsx.github.io/installer/setup.cgi ← XOOPSセットアップスクリプトダウンロード

[root@centos xoops.centossrv.jp]# chmod +x setup.cgi ← XOOPSセットアップスクリプトへ実行権限付加

[root@centos xoops.centossrv.jp]# cd ← XOOPSドキュメントルートから抜ける

[root@centos ~]# chown apache:apache /var/www/html/xoops.centossrv.jp/ ← XOOPSドキュメントルート所有者をApache実行ユーザーに変更



■XOOPS Cubeセットアップ

(1)XOOPS Cubeセットアップ
http://xoops.centossrv.jp/setup.cgiへアクセスする。



「xoops_trust_path」⇒/var/www/html/xoops.centossrv.jp/xoops_trust_path
「OK & アップロード & 少々お待ちください」



「クリックして XOOPS Cube Legacy のインストーラーへ進む」



「→」



「→」



「→」



以下の項目を入力して「→」
「データベースユーザ名」⇒xoops
「データベースパスワード」⇒パスワード
「データベース名」⇒xoops
※その他の項目はデフォルトのまま



「→」



「→」



「→」



「→」



「→」



「→」



「→」



以下の項目を入力して「→」
「管理者ユーザ名」⇒管理者ユーザー名(例:admin)
「管理者メールアドレス」⇒管理者メールアドレス
「管理者パスワード」⇒パスワード
「管理者パスワード(再入力)」⇒パスワード



「→」



「→」



「インストール」



インストール完了

■XOOPS Cube入門

XOOPS Cubeとはなにか、XOOPS Cubeを使ってなにができるのかと、その具体的な設定方法までを主に入門者をターゲットに記述されたマニュアルである、文系のためのXOOPS入門 初級編を参照






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします