EPELリポジトリ導入(EPEL)

最終更新日: 2017.11.22

<<トップページ

■概要

EPELリポジトリを導入して、標準リポジトリで提供されないパッケージをyumでインストールできるようにする。
また、個別にRPMパッケージを作成してインストールしたパッケージがEPELリポジトリにも存在した場合に、EPELリポジトリのパッケージでアップデートされてしまわないように該当パッケージのみyumでアップデートできないようにする。⇒バージョンロックプラグイン導入


■EPELリポジトリ導入

[root@centos ~]# rpm -ivh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm ← EPELリポジトリインストール※CentOS7の場合

[root@centos ~]# rpm -ivh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm ← EPELリポジトリインストール※CentOS6の場合

■バージョンロックプラグイン導入

[root@centos ~]# yum -y install yum-plugin-versionlock ← バージョンロックプラグインインストール※CentOS7,6の場合

[root@centos ~]# rpm -q openvpn >> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list ← (例)openvpnパッケージをバージョンロックする


■関連コンテンツ




▲このページのトップへ戻る

Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします