NTPサーバー構築(chrony)

最終更新日: 2017.11.25

■概要

NTPサーバーを構築して、サーバーのシステム時刻を日本標準時間に自動的に合わせる。

※CentOS7より標準NTPサーバーがchronyへ切り替えられた⇒従来のNTPはこちら


■NTPサーバーインストール

[root@centos ~]# yum -y install chrony ← NTPサーバーインストール

■NTPサーバー設定

[root@centos ~]# vi /etc/chrony.conf ← ntp設定ファイル編集
# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst
↓ 時刻同期先NTPサーバーを変更
# 日本標準時を提供しているNTPサーバー(stratum 1)
server ntp.nict.jp iburst
# 上記サーバーと直接同期しているNTPサーバー(stratum 2)
server ntp.jst.mfeed.ad.jp iburst
# プロバイダのNTPサーバー※
server プロバイダのNTPサーバー名 iburst

# Allow NTP client access from local network.
#allow 192.168.0.0/16
allow 192.168.1.0/24 ← 内部(例:192.168.1.0/24)からの時刻同期を許可
※自分が契約しているプロバイダがNTPサーバーを提供している場合はプロバイダのNTPサーバーを指定する。ISP別公開NTPサーバー一覧

■NTPサーバー起動

NTPサーバー起動時に大幅に時刻がずれているとNTPサーバーが起動できないので、いったん、手動で時刻を合わせる
[root@centos ~]# ntpdate ntp.nict.jp ← 手動で時刻を合わせる
 2 Oct 10:11:11 ntpdate[2815]: adjust time server 133.243.238.244 offset 0.076957 sec

[root@centos ~]# systemctl start chronyd ← NTPサーバー起動※CentOS7の場合

[root@centos ~]# systemctl enable chronyd ← NTPサーバー自動起動設定※CentOS7の場合


■NTPサーバー確認

[root@centos ~]# chronyc sources ← NTPサーバーへの時刻同期状態確認
210 Number of sources = 3
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^* ntp-a3.nict.go.jp             1   6    17    26    -38us[ -112us] +/- 4315us
^- ntp3.jst.mfeed.ad.jp          2   6    17    26   -369us[ -369us] +/-   12ms
^- orion.asahi-net.or.jp         2   6    17    26   +606us[ +606us] +/-   25ms
 ← NTPサーバー名の前に*または+が表示されれば時刻同期中の状態(chronydの状態確認)

■クライアントの時刻同期

インターネットで時計合わせを参照


■関連コンテンツ




▲このページのトップへ戻る

Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします