CentOS 7インストール

最終更新日: 2017.05.24

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<リンク集 <<サイト内検索 <<メルマガ <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

世界最大のシェアをもつLinuxディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linuxのクローンで無料のCentOS 7をインストールする。
ここでは最小構成インストールディスクを使用してインストールパッケージは必要最小限におさえ、あとで必要なものを個別にインストールしていく。

CentOS 7リリースノート


■CentOS入手

(1)CentOSのダウンロードページからインストールディスクイメージ(CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso )をダウンロードする。

(2)ダウンロードしたディスクイメージが破損していないかチェックするために使用するSHA1SUMをディスクイメージと同じフォルダにダウンロードする。
※SHA1SUMのダウンロードは、ブラウザがChromeの場合、リンク右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードする

(3)Windows用のsha1sumコマンドをディスクイメージと同じフォルダにダウンロードする。

(4)ダウンロードしたディスクイメージが破損していないかチェックする。
コマンドプロンプトを起動する
C:\Documents and Settings\xxxxxxxx>cd C:\Documents and Settings\xxxxxxxx\デスクトップ
 ← ディスクイメージ保存フォルダへ移動

C:\Documents and Settings\xxxxxxxx\デスクトップ>sha1sum -c sha1sum.txt ← SHA1SUMチェック実行
CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso: OK ← ダウンロードファイルについてOKと表示されることを確認
sha1sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-Everything.iso: No such file or directory
CentOS-7.0-1406-x86_64-Everything.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-GnomeLive.iso: No such file or directory
CentOS-7.0-1406-x86_64-GnomeLive.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-KdeLive.iso: No such file or directory
CentOS-7.0-1406-x86_64-KdeLive.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-livecd.iso: No such file or directory
CentOS-7.0-1406-x86_64-livecd.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-NetInstall.iso: No such file or directory
CentOS-7.0-1406-x86_64-NetInstall.iso: FAILED open or read
sha1sum: WARNING: 5 of 6 listed files could not be read

(5)ダウンロードしたインストールディスクイメージをメディアへ書き込む。
ダウンロードしたディスクイメージを右クリック⇒「ディスク イメージの書き込み」または「プログラムから開く」⇒「Windows ディスク イメージ書き込みツール」を選択してインストールディスクイメージをメディアへ書き込む。
Windows 7/8でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む参考


■CentOSインストール

CentOSのインストールディスクをディスクドライブにセットして再起動する。
※BIOSの設定で1番最初にディスクドライブからブートできるようになっている必要がある
  1. CentOSインストール実行
    空ENTER



  2. 言語選択
    「日本語」を選択して「続行」



  3. ネットワーク設定
    「ネットワークとホスト名」




    「設定」




    「IPv4のセッティング」タブ
    「方式」で「手動」を選択
    「追加」ボタン
    「アドレス」にサーバーのIPアドレス(例:192.168.1.30)を入力
    「ネットマスク」にサーバーのネットマスク(例:24)を入力
    「ゲートウェイ」にルーターのIPアドレス(例:192.168.1.1)を入力
    「DNSサーバー」にルーターのIPアドレス(例:192.168.1.1)を入力
    「保存」ボタン




    「オン」
    「ホスト名」にサーバーのホスト名(例:centos.centossrv.jp)を入力
    「完了」ボタン



  4. インストール先設定
    「インストール先」




    「完了」ボタン



  5. インストール開始
    「インストールの開始」



  6. root(管理ユーザー)パスワード設定
    「rootパスワード」




    「rootパスワード」、「確認」にroot(管理ユーザー)パスワードを入力
    「完了」ボタン



  7. インストール完了
    「再起動」




CentOS 7起動後の画面








▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします